一条工務店のウッドデッキ

家づくり

【一条工務店】ウッドデッキの特徴・使い勝手の徹底レビュー

スポンサーリンク

こんにちは、インテリアコーディネーターのchiroruです😊

我が家は一条工務店のi-smartというシリーズで一軒家を建てました!

一般的には外構屋さんに頼むことが多いウッドデッキですが、一条工務店ではオプションでウッドデッキを施工することができるんですよー✨

実際に一条工務店のオプションのウッドデッキを採用した私が、一条工務店のウッドデッキの特徴と使ってみた感想(いいところ&悪いところ)をご紹介します。

本記事の内容

一条工務店のウッドデッキの特徴と実際の使い勝手の感想(メリット・デメリット)

一条工務店のウッドデッキの特徴

樹脂と木材の混合材WPCを使用

一条工務店のウッドデッキは樹脂と木材の混合材であるWPC(Wood Plastic Combination)という素材できています。

WPCとは

木材とプラスチックでできた合成木材。木材の空隙に樹脂液を注入したもの。床材などに用いられる。

コトバンクより

樹脂が入っているため木の生材に比べて耐水性が強いという特徴があります!

木のウッドデッキだと、劣化が心配…という人にはかなり魅力的な素材ですよね✨

ただし、ウッドデッキを支える柱部分は木でできています。笑 惜しい!!

柱の腐敗などが心配でしたが4年経ったいまでも特に劣化などは発生していません。

値段が安い

一条工務店のウッドデッキは値段が安いのが特徴です。

我が家の場合、約9畳分の大きさで36万円でした!安くないですか??✨

ウッドデッキを検討している時にリクシルの人気商品である樹ら楽ステージがとてもかっこよくて、検討したこともありますが、値段が倍以上することもあり断念しました

36万円はオプションとしては大きな金額ですが、他メーカーの商品を入れるよりは破格の安さなため、我が家では一条工務店のウッドデッキを採用しました。

大面積のウッドデッキにしたいけどできるだけ値段を抑えたい、という方には一条工務店のウッドデッキを選ぶのがおススメですよ~

ウッドデッキ下をコンクリートで埋めてくれる

ウッドデッキ下のコンクリート施工

一条工務店のウッドデッキの施工では、ウッドデッキの下をコンクリート施工してくれることが特徴です。

コンクリートの施工費込みで上記の値段なのでかなりリーズナブルじゃないですか??💛

ウッドデッキの下は人が入って掃除や手入れをすることは現実的にできないので、雑草が生えないようにしておくことが必要です。

一条工務店ではコンクリートで施工してくれるため、雑草対策に心配はいりません

一条工務店のウッドデッキ実際の使い心地

良いところ/メリット

床とつながって空間を広く見せてくれる

ウッドデッキのつながり

ウッドデッキを床と同じ高さで施工してくれるため、室内から見た時に床と一続きの空間として見える為、空間を広く見せてくれる効果があります

外に洗濯ものを干しやすい

洗濯ものを外に干す場合は、ウッドデッキがあることで段差がなく外に出れてとっても楽です。
我が家では窓を開けて、裸足のままパッと干したり入れたりしちゃってます

アウトドア気分を味わえる

お庭キャンプ

ウッドデッキがあることでお庭でアウトドア気分を味わうことができます

ウッドデッキの醍醐味ですよね!

部屋から繋がっていることで、食器や食材・飲み物の持ち運び・片付けが簡単なのでおすすめです。

天気のいい日には青空ランチや3時のおやつ・コーヒータイム、夜はBBQ(バーベキュー)などで大活躍しています

キャンプほど本格的じゃないですが、家にいながら気軽にアウトドア気分を楽しめて、気分転換できるのでとってもおススメですよ~

 

また、観葉植物を添えるとリゾート風の雰囲気にもできるのおすすめです!

樹脂ウッドデッキ上でBBQはできる?

当初は、素材がWPCで樹脂が入っているので、バーベキューをしても大丈夫?という心配もありましたが、全然問題なくやれています

我が家では炭火でやることもありますが(自己責任で)、火の粉が心配という方は電気ヒーター式のコンロを使うのがおススメです。

我が家でも最初は火の粉が心配だったのでザイグルという電気式のバーベキューコンロのみを使っていました。

電気式を使いたい方は外付けのコンセント忘れずに施工しておくようにしましょう!
BBQコンロのザイグル火を使わないため煙も出にくく、住宅街でBBQをする方にはおススメです。

※我が家では問題なくやれていますが、環境によりますので火の取り扱いには十分注意しましょう!

プール・水遊びとの相性がよい

我が家では夏場になると子供用のプールをウッドデッキに出してよく遊んでいます。

ウッドデッキ上に出すことでプールからあふれた水はウッドデッキ下に落ちてくれるため、ウッドデッキの上はびしょびしょにならず、プール遊びとはとっても相性がよいです。

天然芝や土の上だと溢れた水でプールの周りがびしょびしょドロドロになるので、ウッドデッキ上でのプール遊びはおススメです!

悪いところ/デメリット

夏は暑くてはだしでは歩けない

一条工務店のウッドデッキに限らないと思いますが、夏場はとっても熱くなるので、裸足で出るのは危険です!

洗濯ものを干すときもスリッパや靴を履かないとウッドデッキには乗れない状態になります。

また、スリッパやサンダルをウッドデッキに置いておくのも要注意!

樹脂製のスリッパやサンダルをウッドデッキの上に放置しておくと真夏の熱にすぐにやられて使い物にならなくなります

熱で固定具が緩むことがある

 

ウッドデッキの固定具

一条工務店のウッドデッキはWPC素材であるため、真夏の熱で反ってくることがあります。

ビス止めしているので通常は問題ありませんが、あまりにも熱くなるとビス止めの固定力を超えて、固定具が破損してしまうことがありました

実は新築後の初年度の夏が記録的な猛暑だったため、ほとんどの固定具が破損し、ウッドデッキのプレートが反って戻らないとという事件が起きました。

この時は一条工務店に問い合わせて無料ですべてのプレートを交換してくれましたが、焦りました…

何かあってもしっかり保証してくれるのは一条の良いところですよね✨もちろん保証期限内の話ですけど。

交換後は固定具が改善されていて強度が上がったので、固定具自体が壊れるということは一度も起こっていません

が、それでも固定具が緩むことがあるので、毎年夏場が終わると自分で(夫が)固定具のビスを締め直しています

ビスを締め直すことは自体はそんなに手間ではありませんが、熱に強い設計にしてほしかったな・・・とそこは残念に思ってます。

ウッドデッキ下は無法地帯で汚れやすい

一条工務店のウッドデッキに限りませんが、ウッドデッキの下は基本的に手入れができません。我が家のように大きいウッドデッキだと尚更…

ゴミが入ってしまったらなかなか掃除はできないです・・・

一条工務店の場合、ウッドデッキの下をコンクリート施工してくれるため、雑草の心配はいりませんが、ごみや汚れ対策は各自でやる必要があります。

また、日光が当たらない部分になるので、時期によっては藻やコケが生えやすいです。

我が家では毎年届く範囲で高圧洗浄機(ケルヒャー)で掃除をしています

目隠しの工夫が必要

ウッドデッキの高さが床の高さにそろっていることで、部屋が一続きになるため見た目も使い勝手もとっても良いのですが、デメリットもあります。

それはウッドデッキの上に立った時に近所の視線が気になる、ということです。

ウッドデッキの上に立つ通常の庭と比べると、50cm~100cmほど高い位置になるのでどうしても目立ってしまいます。ステージみたいに…笑

我が家でも、新築の設計時に視線を気にして、しっかり高さも考慮して目隠し用のフェンスやルーバーを設置したつもりでしたが、実際に住んでみると、目隠し度が不十分でとっても視線が気になってしまいました。

2年くらいは我慢しましたが、せっかくの庭をストレスなく使えないのはもったいないということで、思い切って目隠しフェンスをやり直しました。

目隠しフェンスは高額なのでずいぶん悩みましたが…

フェンスを変えた後は庭でも視線も気にならなくなったので良かったですが、最初からケチらずにフェンス選びに拘っておけばよかったと後悔しています。

ウッドデッキを検討されている方は庭での目隠しも合わせて検討することをおススメします

ウッドデッキの掃除には高圧洗浄機がおすすめ

高圧洗浄機

一条工務店のウッドデッキに限らず、ウッドデッキは外にあるものなので必ず汚れてきます。

掃除してみると分かりますが、見た目以上に汚れていてるので掃除に使った水が真っ黒になります・・・

そんなウッドデッキの掃除におすすめなのが高圧洗浄機のケルヒャー

ウッドデッキ以外にも駐車場や外壁、車の掃除と用途は多いので、特に戸建ての方は一台は持っておくと何かと便利です。

ケルヒャ―にはいろいろ種類がありますが、住宅街で使うには静音タイプのK3、K4、K5のいずれかにするのがおすすめです。

ウッドデッキやベランダ掃除に便利なキットがついたおすすめのセットがこちらです!

(※お住まいの管轄の電力会社によって50Hzタイプ(東日本用)と60Hzタイプ(西日本用)で異なるので、購入の際はご注意下さい)

商品値段(定価)特徴
K3 サイレント ベランダ¥41,580(定価)

amazonで見る(東日本用)

amazonで見る(西日本用)

楽天で見る(東日本用)

楽天で見る(西日本用)

・K3~K5の中で最もリーズナブル
・ウッドデッキやテラス掃除に便利なデッキクリーナー付き
K4 サイレント ホームキット¥61,380(定価)

amazonで見る(東日本用)

amazonで見る(西日本用)

楽天で見る(東日本用)

楽天で見る(西日本用)

・パワーがK3よりも強い
・ウッドデッキやテラス掃除に便利なテラスクリーナー付き
K5 サイレント ホームキット¥71,280(定価)

amazonで見る(東日本用)

amazonで見る(西日本用)

楽天で見る(西日本用)

・パワーがK3,K4よりも強い
・ウッドデッキやテラス掃除に便利なテラスクリーナー付き
・洗車にも使いたい場合は回転ブラシ付がおすすめ

迷ったら最もリーズナブルな"K3 サイレント ベランダ"がおすすめ。
我が家では"K3 サイレント ベランダ"をウッドデッキ、ウッドデッキ下、駐車場のコンクリート、ブロック、窓の掃除に使っています。

洗車にも使ってみましたが、あまり汚れは落ちなかったので、洗車にも使いたい方はよりパワーが強いK5がおすすめです。

まとめ

・一条工務店のウッドデッキはリーズナブル
・一条工務店のウッドデッキ下はコンクリートで埋めてくれる
・ウッドデッキはプールとの相性が良い
・ウッドデッキ下は汚れがたまって掃除がしにくい
・目隠しの工夫が必要
・掃除には高圧洗浄機がおすすめ

 

最後に、
私chiroruが提供するインテリアコーディネートサービス(Seven Interior)では北欧インテリアを中心とした長く楽しめるインテリアのご提案をしています。
興味のある方はぜひのぞいてみて下さいね😊

スポンサーリンク

-家づくり
-