リビングソファ

インテリア

リビングソファとオットマン・パーソナルチェアの組合せの選び方と特徴

スポンサーリンク

こんにちは、インテリアコーディネーターのchiroruです😊

居心地のよいリビングにするために欠かせない家具の一つがソファですよね。

最近はソファのない暮らしをする方も増えてきましたが、それでもほとんどの方がリビングに置かれているのではないでしょうか。

ただ、一口にソファと言ってもいろんな種類があり、ソファ以外とのアイテムとの組み合わせ方でも、使い心地が変わってきます

今回はリビングのソファの形状やオットマン・パーソナルチェアとの組合せの選び方の特徴についてまとめてみました。

本記事の内容

今回はリビングのソファの形状やオットマン・パーソナルチェアとの組合せの選び方の特徴をご紹介します。
以下のパターンについて特徴をまとめています。
①ストレートソファのみを置く
②カウチソファのみを置く
③ストレートソファ+オットマンを組合せて置く
④ストレートソファ+パーソナルソファを組合わせて置く

◆各パターンのメリット/デメリットまとめ

組合わせ方のパターンメリットデメリット
ストレートソファのみ見た目がスッキリし、リビングに余裕ができる座れる人数が少ない
カウチソファのみ大きなソファであるため見映えが良く、高級感がある。脚を伸ばして座れる。配置の自由度は低い。スペースを取る。
ストレートソファ+オットマン分離して使える為配置や座り方の自由度が高い。ソファとの一体感もある。オットマンが高価であることが多い。
ストレートソファ+パーソナルソファ配置や座り方の自由度が高い。座り心地がオットマンよりよい。ソファとは別商品のため、デザインがマッチするものを選ぶ必要あり。

ストレートソファのみの特徴

ストレートソファ

まずはストレートソファのみを置くパターン!

一番オーソドックスで多くの家庭ではストレートソファを一つ配置することが多いと思います。

ストレートソファのみを配置するリビングの特徴として、ソファが大きくなりすぎないので、リビングがすっきりとゆとりのある空間になりやすいです

デメリットとしては座れる人数が少ないこと。

一人当たりの幅は最低60cm確保することが目安と言われています。

なので、我が家の210cmのソファの場合お客さんが来て4人以上で座りたいなどのシーンではストレートソファだとちょっと難しくなります…

4人家族なので子供が小さい今は良いんですけど、もっと大きくなったら多分4人座れません。(頑張って詰めれば座れるかも…でも嫌がられそう。笑)

後は単純に、お客さんとソファに横並びって気を使われて座ってもらえなかったり、会話がしにくかったりします!(経験談)

 

カウチソファのみの特徴

カウチソファ

次にカウチソファのみを置くパターンです。

皆さんもインテリアショップに置いてあるかっこいいカウチソファに座ってみた経験があるのではないでしょうか?✨

脚が伸ばせるので、座りやすくリラックスしやすいですよね。見た目もゆとりがあってかっこいいなと見るたびに思います💛

ただ、ストレートソファに比べると、ソファの奥行きが大きくなるので場合によってはリビングのスペースを圧迫するので要注意です!

また、ソファ自体は大きくて脚が伸ばせるようになりますが、座れる人数が増えるわけではないという点にも注意が必要です。

またカウチ部分を動かせるわけではないので、実は座り方のパターンが限られてしまいます。

 

ストレートソファ+オットマンの特徴

ストレートソファとオットマン

次にストレートソファとオットマンを組合わせるパターンです。

オットマンをソファとつなげることで、カウチソファのような見た目にすることも可能です✨

オットマンはソファとは分離して使うことができるので、時にはソファとくっつけて脚を伸ばしてカウチソファのように使ったり、ソファと離してオットマンに座ったりと、座り方の自由度が高いのが特徴です!

また、ソファと同じシリーズとしてオットマンが販売されていることが多いので、同じデザインで揃えることでインテリアとしてまとめやすいと思います。

ただし、一般的にソファと同じデザインのオットマンはサイズの割に高価であることが多いのがデメリットです💦

 

ストレートソファ+パーソナルチェアの特徴

ストレートソファとパーソナルチェア

最後はストレートソファとパーソナルチェアを組合わせるパターンです。

オットマンと組合せる場合と同じで、ソファとは分離しているため、座り方の自由度が高いのが特徴です。

個人的にパーソナルチェアが置いてあるとおしゃれなお部屋だな~と思います。

また、背もたれやひじ掛けがあるものが多いため、オットマンと比べると座り心地がよいのがメリットです。

ただし、ソファとは完全に別物になるので、ソファとデザインがマッチするパーソナルチェアを選ばないとインテリアがちぐはぐになってしまうというリスクがあります

 

 

実は我が家は元々カウチソファを検討していましたが、最終的にはストレートソファとパーソナルチェアという組み合わせになりました。

元々180cmのソファを使っていましたが段々手狭に感じるようになったので、次のソファは家族4人が広々座れるようにする!というのが絶対条件でした。

そうなると、カウチソファでは4人で座ると座れたとしても一人背もたれがなく取り合いになりそうだな~と思うように…

また、カウチを買うのとストレート+パーソナルチェアを買うのでそこまで価格が変わらなかったので、我が家はストレートソファとパーソナルチェアの組合せにしました😊

リビングソファとパーソナルチェア

こちらが完成形です。

ソファはアイラーセンのストリームライン、パーソナルチェアはカールハンセン&サンのMG501です💛

8畳とそこまで広くないリビングですが、ソファもパーソナルチェアもすっきりした印象のデザインなので圧迫感もなく、家族皆が快適に寛ぐことができるようになりました✨

ちなみにこちらのパーソナルチェアは折り畳みができるので、リビングを広く使いたい時は簡単に移動できてとっても便利です!

 

まとめ

という訳で、今回はソファの組合せのパターンを4つご紹介しましたがいかがでしたか?

インテリアには正解がありません!

どの家具が自分の暮らしにあっているのか、どれが自分にとって居心地が良いと感じるか、ぜひそれぞれの特徴を考慮し家具選びをしてくださいね😊

素敵なお部屋作りを💛

最後に、私chiroruのインテリアコーディネートサービス(Seven Interior)では3Dパースを使ってトータルバランスを確認しながらコーディネートを進めています。
ご興味ある方は一度覗いてみて下さいね!

インテリアコーディネータのchiroruがこんな方の悩みを解決します!

▼子育て真只中!忙しくてインテリア選びの時間がない
▼なんとなく子供がいるから…とおしゃれなインテリアを諦めている
▼初めての家づくりでおしゃれにできるか不安
▼引っ越し、リフォームを機に今度こそインテリアを整えたい
▼建売、中古物件を購入したが家具の合わせ方が分からない


スポンサーリンク

-インテリア