インテリア

【市販品でもOK】自宅の洗面台をホテルライクなおしゃれ空間にするコツと工夫

スポンサーリンク

こんにちは、インテリアコーディネーターのchiroruです。

私はおしゃれな洗面台を見るのが結構好きで(笑)、お家を建てる時も絶対おしゃれな洗面台にしたい!思って拘りました。

私は家づくりの時に必ずテーマを決めて設備を内装を選ぶように意識していたのですが、洗面台は「ホテルライク」をテーマに考えてました✨

一条標準の洗面台は私の好みではなかったので、社外品をいろいろ見に行き、夫とあーだこーだ言いながら決めて、無事私好みの雰囲気になりました😊笑

という訳で!今回は私が拘った自宅の洗面台をホテルライクでおしゃれにするための工夫とコツをご紹介します

造作のオリジナル洗面台もすっごく憧れましたが、価格やメンテナンス性を考慮してメーカー品にしました。

でも市販の洗面台でも工夫することで十分ホテルライクで上品な印象になりますよ

特に現在一軒家を検討中の方・リフォーム検討中の方は、洗面台の選び方や間取り設計の参考にして頂けると嬉しいです。

本記事の内容

自宅の洗面台をホテルライクでおしゃれにするためのポイントを紹介します!

ポイント1. 洗面台を洗濯機とは別の空間に設置する

ホテルライクでおしゃれな洗面台にするには、生活感を無くすことがポイントです。

洗面台って洗濯機と同じ脱衣所に置くことが多いですが、洗濯機はどうしても生活感が出てしまう!

我が家は使い勝手の観点からも間取り設計の段階で洗面と脱衣所は分けたいと思って設計しましたが、

今から家づくりの方は、間取り的に可能なら洗面と脱衣所は空間を分けることをおすすめします。

分かりやすいように、洗濯機と洗面台を同じ視界に入れて写真を撮ってみました。脱衣所と扉を挟んで横の廊下に洗面台を配置しています。

↓の写真のように視界に洗濯機が入るっと一気に雰囲気がダウンしてしまいます。溢れる生活感‼!!!

洗面台と洗濯機

また、脱衣所は着替えた後の衣類やタオルなど衣料品が多く、常に整理整頓しておくことが難しい空間です。

生活感を出さないためにも洗面台を脱衣所外に配置することをおすすめします。

洗面台を使うときには洗面台以外が視界に入らないため、生活感を感じにくく、ホテルライクな印象にすることができますリクシル製洗面台のルミシス

参考

洗面台を廊下に配置することにはおしゃれ観点以外にもいくつかメリットがあります。
以下の記事にまとめていますのでぜひ参考にしてください☆
やってよかった水回りの間取りの工夫 4つのポイント

参考

我が家では洗面台に市販のルミシスのボウル一体タイプ(LIXIL)を採用しています。

ポイント2. 洗面台を壁と壁で挟む

リクシル製洗面台のルミシス

洗面台を壁で挟むことはかなり拘ったポイントです。

なぜかというと、壁で挟むことで浮遊感を演出できるからです。

どういうことかというと、片方壁がないだけで、洗面台が置いてある感が出てしまいます。

ですが、壁で挟むことでフロート(浮いていること)のような雰囲気にすることができるのでホテルライクな印象になります

ポイント3. タイルを装飾する

名古屋モザイクのニューヨーカーグラス

ホテルのオシャレな洗面台の壁はおしゃれなタイル張りのことが多いですよね

タイルも絶対にやりたかったことの一つなんですが、

タイルを装飾することで、メーカー品の洗面台でも自分だけのオリジナル洗面台にでき、自分好みの雰囲気を出すことができます

コストが気になる方は、部分的にタイルを施すだけでも雰囲気をオシャレにすることができますよ✨

我が家では鏡とシンクの間の隙間をタイル張りにしました。1.25m×0.34mの面積で施工費込みで5万円でした。

タイルは名古屋モザイクのニューヨーカーグラスという商品を採用しています。

タイルを選ぶ時間はとってもわくわくして楽しかったです💛

ポイント4. ハンドソープはおしゃれなボトルに

おしゃれなハンドソープボトル

洗面台の見える位置に置くものの見た目に気を配るとオシャレになります。

例えば薬局で買うようなカラフルなボトルが一個あるだけで、一気に生活感が出てしまいます💦

ハンドソープなどはシンプルなデザインのボトルを選んだり、おしゃれなボトルに詰め替えて、生活感をなくしましょう

私のお気に入りは上の写真の左側に置いてあるイソップのハンドソープです!香りも良くて見た目もまさにホテルライクですよ✨

ポイント5. カウンター上にはハンドソープ以外置かない

ホテルライクな雰囲気するにはホテルのように整理整頓がされていて清潔感が保たれていることが重要です。

我が家では洗面台のカウンター上にはハンドソープしか置かないことにしています。

歯ブラシや化粧品などはすべて鏡裏や引き出しに収納しています。

極力洗面台の上には物を置かないようにすることで清掃の手間が省けるので、一石二鳥です

まとめ

ホテルライクになる工夫まとめ
①洗面台と脱衣所を分ける
②洗面台は壁で挟む
③お気に入りのタイルを張る
④おしゃれなハンドソープに
⑤カウンター上にはハンドソープ以外置かない

いかがでしたか?
洗面台がホテルライクだと毎日気分が良く使えるので、ぜひ参考にしてみて下さいね😊

私chiroruのインテリアコーディネートサービス(Seven Interior)では北欧インテリアを中心とした長く楽しめるインテリアのご提案をしています。
興味のある方はぜひのぞいてみて下さいね😊

スポンサーリンク

-インテリア
-